知りたい!中古パソコンを買うメリットとデメリット

中古パソコンを買うメリット

まず中古というだけで、プレミアがついていない限りは安く購入が出来ます。それが一番の醍醐味とも言えるでしょう。中古だからと言って、壊れている、使えないなんてものを扱っている中古店は少ないです(中にはありますので、ご注意くださいね)。
一度人の手に渡ったから中古なのであって、人の手に渡っていてもほぼ使っていない商品も結構な数が売りに出されています。型落ちしたから、新しいパソコンを買ったから、新品同様の状態で売りに出す人もいます。
手放した人にとって不要なのであって、まだまだ現役で活躍できる中古パソコン。賢く上手に選ぶ事で、新品を買うよりも安くいいものが手に入る事があるのが中古パソコンのメリットとも言えるでしょう。

中古パソコンを買うデメリット

中古パソコンを買うデメリットは、欠品がある場合がある事などでしょう。リカバリーディスクの紛失(今は自分で作る事も出来ます)、ACアダプターの欠品等…。他で買い足せば問題なく使えるけど、ひと手間が掛かってしまう。そんな商品も多々存在します。また、どこの誰が使ったかはわかりません。仲介業者側でクリーニングされているとはいえ、見ず知らずの人間が使っていたものに抵抗がある人にはおすすめできません。
また、中古パソコンの多くは保証切れになっている場合があります。大手家電店等の手厚い保証ではなく仲介業者側での保証等はありますが、新品を買った時のような安心できる保証を受けられる事は少ないので、注意が必要です。